目次 - API(機能別) - ピクセル形式と変換 - SDL_MapRGBA

SDL_MapRGBA

RGBAの4つの値から指定のピクセル形式のピクセル値を求める

構文

Uint32 SDL_MapRGBA(const SDL_PixelFormat* format, Uint8 r, Uint8 g, Uint8 b,Uint8 a)

引数

formatピクセルのSDL_PixelFormat
r0〜255の赤成分の値
g0〜255の緑成分の値
b0〜255の青成分の値
a0〜255のα成分の値

戻り値

ピクセル値を戻す (詳細を参照すること)

詳細

この関数はRGB値を指定したピクセル形式に変換し, 与えられた形式とRGB値で最も近いピクセル値を戻す.

指定のピクセル形式にα成分がなければ, α値は無視される (パレットのある形式の場合も同様である).

ピクセル形式がパレットならば, パレットの中で最も近い色の添え字を戻す.

ピクセル形式のbpp(ビット深度)が32bpp未満ならば, 戻り値の使われない上位ビットは考慮しなくても安全である. (例: 16bpp形式の戻り値はUint16とみなしてよい. 8bpp形式もUint8とみなしてよい.)

関連項目(関数)

SDL_GetRGB
SDL_GetRGBA
SDL_MapRGB

SDL Wikiへのリンク

SDL_MapRGBA - SDL Wiki